ビットコインの仕組みとビットクラブ、その歴史について

ビットコインの仕組みとビットクラブ、その歴史について

<ビットコインの仕組み>

ビットコインは、銀行を経由しているかのようにコインをやりとりできる通貨です。ビットコインは、銀行のような中央を経由せずに直接1対1で通貨のようなものを取引できる仕組みの事です。サーバークライアントモデルに基づいた信用によらずに取引ができるという事と言えます。この仕組みは、P2P技術と呼ばれる公開鍵暗号などの暗号技術を用いて実現されています。通貨は、ビットコインによってはじめて実現されましたが、同様の仕組みを用いた通貨は、ビットコインの他にも多数存在します。ビットコインでは通貨を、コインの経てきた全ての取引履歴のかたまりとして表現します。具体的には、トランザクションと定義されていて、各トランザクションは、前のトランザクションのハッシュ値や新たな所有者の公開鍵を含み、元のコインの所有者の暗号鍵によって電子署名されています。全てのトランザクションの情報は、P2Pネットワーク全体で共有されている特徴があります。重要なのは、ネットワーク全体で、特定のどちらか一方のみを一貫して、正しい取引であると決定できる事で、そこでビットコインで導入されたのが、ブロックチェーンという仕組みです。唯一のブロックの鎖を持つようにする事で、一貫した取引履歴を全体が共有できます。

もしビットコインの購入だけでなくマイニングをしたいと考えるなら、ビットクラブのようなマイニングを行う組織に加入することをおすすめします。

<ビットコインの歴史について>

ビットコインの歴史は、2007年から開発に取り掛かり、2008年にナカモトサトシという人物ががThe CryptographyMailingList上に、論文を投稿したことから、インターネット上に登場しました。彼は論文の中で、極めて単純な仕組みとブロックチェーンを用いて仮想通貨の試みでは失敗していた攻撃耐性のある二重消費防止を実現しました。2009年初の実装をリリースして、はじめのクライアントは現在のようなQtを使ったものではなく、Windowsネイティブアプリケーションで、コマンドラインインターフェイスは持っていませんでした。その後引き続き開発とフォーラムへの投稿を続けましたが、2010年中頃に他の開発者に開発を引き継ぎインターネット上から姿を消しました。一人の男性によって作られたビットコインですが、価格はほぼ0であり、2011年の一時的な高騰などを経つつも、ほぼ変化のない近い状態で推移してきました。2013年に発生したキプロス危機に端を発し、急激に注目されるようになりました。結果的に1BTCは1000USD台までの値をつけました。MtGoxの破綻や中国におけるビットコイン規制などが要因で最高値の半額以下まで値崩れが起きますが、安定して推移していると言えます。

http://bitclubfun.com/

<ビットコインはこれからどうなってゆくのか?>

世界初の仮想通貨として生まれたビットコインは、現在もなお仮想通貨のトップとして成長を続けています。一時期大幅に下落したこともありましたが、現在はおおよそ上昇傾向にあり、期待を集めています。とはいえ、これからビットコインの価値がどうなるかは誰にもわかりません。

しかし、ビットコインにあまり馴染みがなかった日本においても地上波でCMが流れたり、ビットコイン決済可能な店舗が徐々に増えてきていたりとビットコインの成長ぶり、世間への浸透ぶりには目覚ましいものがあるのも事実です。

これからビットコインがどのように成長してゆくのか?日本での扱いはどうなっていくのか?注目が集まります。